結婚式

結婚式

結婚式に関する情報提供サイトです。
費用や招待状のことなどのお役立ち情報満載です。

結婚式 > 結婚式

結婚式 費用

結婚式の費用を出来る限り抑えて格安にすませたいですよね。

一昔前のように仲人を立てる人も少なくなり身内だけ、親しい間柄の人だけを招くだけの結婚式をあげる人が増えてきました。

結婚式は選ぶ会場によっても、かかる費用に大きな差が出てきます。タイプ別に分けると、大きく4つに分けられます。そのメリット、デメリットについて紹介します。

<ホテル>

メリット

知名度と格式があること、交通の便がいいこと、宿泊施設があること、衣装や美容室がすべて一箇所にあること、 従業員の質の高いサービスが受けられること。結婚式後にも記念日に二人でホテルのレストランへ行くなど長く付き合えることですね。

デメリット

コストが他の会場よりも高いこと。一般客もいて、慌ただしく貸切り感のないこと。

<専門式場>

メリット

結婚式を挙げるために専門に造られた施設なので挙式、 披露宴会場を併設していること。スタッフは婚礼専門なので知識と経験が豊富なため様々な演出、提案をしてもらえること。そして、何よりも本格的な神殿、チャペルがあることですね。

デメリット

ロビーが他の結婚式を挙げるゲストと一緒で混雑すること。日取りのいい日にはたくさんのカップルが式を挙げるので慌ただしいことです。

 <レストラン>

メリット

費用が他の会場よりも格安なのにおいしい料理を提供できること。自分たちのイメージに合うお店を選べること、貸切りにできるためアットホームな式になること。温かい料理を温かいうちにいただけること。

デメリット

控え室が小さいので新郎新婦の居場所がないこと。喫煙所などがないこと、テーブル同士の間隔が狭いのでドレスでは歩きにくいこと。

 <ゲストハウス>

メリット

ヨーロッパの邸宅みたいな一軒家を貸し切って行うので 自分たちだけで、敷地内を思いっきり使って演出できること。ガーデン、プールサイドなどを使うとさらに自由な演出が出来ます。

デメリット

天気が悪いとガーデンが使えなくなること。開放的に屋内と屋外を利用したい場合、季節によっては寒いこと。他の会場に比べてコストが高めなこと。

 

それぞれのメリット、デメリットを考慮して、お選びください。

ご参考までに人気の高い結婚式場サイトを検索数の多い順でランキングを紹介します。

1位 マイナビウェディング

 

【マイナビウエディング】は、こちらです。

二人だけのオリジナリティあふれる結婚式場を≪マイナビウエディング≫で必ず探せます。

検索数の多さでダントツ1位!
検索は簡単で、結婚式の費用もすぐにお見積もりが出来ます。

先輩カップル体験レポートがとても参考になりますよ!

【マイナビウエディング】は、こちらです。

2位 楽天ウェディング

 

【楽天ウェディング】は、こちらです。

楽天ウェディングは、あらゆるタイプ・スタイルの結婚式場探しが出来る結婚式場検索サイトです。式場・挙式タイプから選んでも良いし、結婚のスタイルから選ぶことも出来ます。

結婚式場の下見、ブライダルフェアの参加だけでもポイントゲット出来るので、気軽にお問い合わせください。

成約すればさらにご祝儀ポイントももらえます。

【楽天ウェディング】は、こちらです。

3位 得ナビウェディング

 

【得ナビウエディング】は、こちらです。

得ナビウェディングなら、結婚式が探し方次第で最大半額になります。

得ナビ特別割引を利用すれば、人気の結婚式場でもたまたま空いてしまった枠など、毎月提携結婚式場から得割日を仕入れて紹介されます。

例えば、1月に挙式×6ヶ月以内×得割日の場合、通常より50%OFFとなります!

【得ナビウエディング】は、こちらです。

 

結婚式 招待状

招待状送付について

招待状は挙式、披露宴の遅くとも2ヶ月前には発送すべきものです。

自分たちで手作りのものを作るのも良いですが、それまでに綺麗に仕上がるように、会場や専門業者などに発注するほうが良いです。

豊富に用意されたサンプルから、カラー、デザイン、フォント、文面など選んでオーダーします。

招待状の返信について

宛名の「行」を二重線で消して、その横に「様」と書き直しましょう。「様」は返信する相手への敬称のため、宛名よりも少し大き目に書くと良いとされています。

招待状の早めの返信は新郎新婦にとって助かります。 招待状が届いたら2~3日以内遅くとも1週間以内に返事を出すようにしましょう。

余白にお祝いのメッセージを書くと新郎新婦が喜びますよ!

 
<探し方ひとつで結婚式はお得になる!得ナビ ウェディング>

 

 

結婚式 トップへ戻る